雨の降る前に

明日の未明から、北海道は台風の影響で大荒れとなる予報だ。今日も午後は雨の予報であり、午前中に近場を走ってきた。

特に予定は無かったけど、北広島から野幌森林公園を縦断して、100年記念塔に立ち寄った後、国道12号線で帰還するルートを走り、走行距離は約50km程。

夏にも通ったルートだけど、今回は公園の遊歩道を縦断してきた。

本来はMTBの得意なルートだけど、28Cに換装しているので、グラベル系はあまり得意ではない。何よりも、スリックタイヤだから、ちょっとでも濡れていると滑りまくりである。

この100年記念塔は、現在では上るどころか立入禁止となっている。老朽化で危険という事らしいのだが、こんな巨大な建造物をどうする気なのだろうね。

この塔は実は、かなりの大昔に1度上った事がある。幼すぎて、記憶が曖昧なんだけど、確か幼稚園の頃だったかな。45年以上前だから、半世紀前と言っても間違いではない。

この塔、エレベーターも設置されていたけど、当時も歩いて上った筈なので、当時から正直なところ微妙な建造物だったのかもしれないね。エレベーターも動かしていないという事は、運営費や管理費が無いか、少ないとしか思えないのでね。

帰り道の豊平川堤防で10月だというのに、ハマナスの花が咲いていた。もしかしたら、今年の最後になるかもしれない。今朝など雪虫が飛んでいたから、秋の深まり、一気に寒くなりそうだ。

今回は運動は勿論だけど、新しいサドルのセッティングも目的だった。高さは直ぐに決まるけど、角度や前後位置はかなりシビアだ。ちょっとの差で尻痛の出方が全く違うからね。

走りながら、調整を繰り返して、ベターなセッティングは出来たと思うので、長距離時の尻痛はかなり軽減されそうだ。

幸運だったのは、仕入れたサドルが自分の環境にはマッチしていた事も大きい。幅、長さ、形状、クッションなどにより、合う合わないが出てくるからね。

まあ、このメーカーの中では、もっとも廉価なモデルだけど、MTBやクロスバイク系には合っている様な気がする。

結果的に今回のサドル換装は、十分満足です。

2 件のコメント

  • 私が好きな何時ものコースですね、その内遭遇しますね。
    連休も4日あったのですが、日帰り小手術で、自転車は封印。
    さすがに昨日は余りの天気の良さに植物園〜北大構内と散策してまいりました、風もなく絶好の散歩、ポタリング日和だったと思います。
    今週末からボチボチ走り始めようかと思います。
    私もサドル、WTBの比較的ワイド140mm幅のを使っておりますが、弾力も落ちて来ましたのでサーフェス位のコンフォートタイプにしますかねー、何か我慢してるというか、カミさんと同じのもどうかと思いまして。格好つけてる歳でもありませんのでね。

    • ZENさん

      野幌森林公園は入口付近こそ、そこそこの人がいますが、園内も広い為、土日でものんびり走る事が出来て楽しいですね。ただ、ここを走るなら太いタイヤが望ましいですね。

      スペシャライズドの廉価なスリックなのですが、舗装路でのグリップもイマイチですし、細いわりには重たいタイヤです。ただ、耐パンク性能だけは非常に高いという事で、どちらかと言えば通勤用タイヤです。

      そうしたタイヤを装着し、公園を走るとかなり恐ろしいです。砂利なら何とかなりますが、マッド系は前後共に滑りまくりです。そのうち、転けそうなので、夏場は暑いから嫌だと嫌っていたヘルメットをまた被りだしました。まあ、安全性を第一に考えると、ヘルメット装着は常時が望ましいのでしょうが・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)