野幌森林公園にて

運動不足解消には丁度良い距離かもしれない

外出自粛とか不要不急なんて言葉が使われる事の多い世の中だけど、本当に自宅に閉じこもっていた場合は運動不足で別の病気になりそうだ。また、今日は比較的気温も穏やかなので野草観察もかねて野幌森林公園を回ってきた。

今年初めての同公園なので、今年の季節感は全く判らないけれど、日当たりの良い場所でニリンソウやエンレイソウ類が咲いていたというレベルであった。それでも木々の若葉も芽生えてきているので、春らしい雰囲気は楽しめたと思う。それでも来週以降くらいからが一番良いタイミングなのかなと思う。

北海道ボールパークの建設現場 2023年にオープンとの事なので、流石にコロナは落ち着いているだろうけど、この立地は正直微妙だ。

民間企業の結論なので札幌から北広島へ移転するのは「ご自由に」というスタンスではあるけれど、利便性の高い札幌ドームを出る決断を行ったという事実は、市側の条件がとんでもなかったのだろうなと考えてしまう。それはともかく、札幌ドームが赤字にならぬようなハンドリングはして欲しいとは思う。

野幌森林公園 エゾノリュウキンカ

この時期のエゾノリュウキンカ、晩夏の頃のタマゴタケは、山の中で見かけるとハッと感じる鮮やかさがあると思う。特に前者は色の少ない時期に開花する為、この色を見ると春が来たと感じてしまう。

野幌森林公園 ニリンソウ

野幌森林公園 エンレイソウ

野幌森林公園 スミレ

野幌森林公園 ミズバショウ

野幌森林公園 オオバナノエンレイソウ

豊平公園 カタクリとエゾエンゴサク

白石こころーど 望遠レンズなので人が集まって見えるが、実際のディスタンスはそれなりではある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)