厚田朝市と蝦蛄

厚田朝市会場にて

道央の市場では既に蝦蛄が並んでいるけど、旬の時期はやはり厚田でそれを買い求めたいと思う。それは好みかもしれないけど、蝦蛄の味は子供の頃に厚田で知った事が理由だと思う。蟹もそうだけど、この手の生き物は茹で加減が大切で、それによる味の違いも決して小さくはないのだ。

蝦蛄はまだ本格的なシーズンには入っておらず、売っている店もまだ限られていた。価格もそれなりなので、本当はもう少し先の時期が良いと思う。ただ、既にカツブシもびっちり入っているので並んでいれば後は価格が納得できるかどうかだとは思う。ただ、高いと言っても数尾楽しむ程度であれば知れているとは思うけども・・・。

厚田の蝦蛄 最盛期は北海道神宮祭の辺りだろうか。まだ、少し高いと感じる。

今時期は魚で言えばカレイや平目、後はサクラマスが並んでいる事が多い。根魚は漁によるのでタイミング次第。ニシンなども加工品はあるけど、生の場合はタイミング次第だと思う。あと、茹蛸は定番で並んでいるね。

加工品は定番の飯寿司、干物も多く、今回はハタハタの飯寿司とソウハチカレイの干物を買い求めた。勿論、写真の蝦蛄もだ。

この蝦蛄は流石に厚田産で味はバッチリだ。身はジューシーだし、カツブシも独特の食感が楽しめた。毎日食べようとは思わないけど、最低でも年に1度は味わいたいと感じる春の味なのだ。

蝦蛄の一番の武器は、この尾だ。貝をたたき割るという。

春蝦蛄なのでカツブシがたっぷり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)