革製品の難しさ

流石に会社のIDカードを晒すわけにはいかないので・・・。

紛失するとセキュリティ事故になる小物は、常にストラップを装着して首からぶら下げている。会社のiPhoneは単独でストラップを装着しているので、それ以外のカード類をひとくくりにしている形だ。でも、複数のカードが収納でき、尚且つ紛失しにくい構造のカードケースがなかなか見つからなかった。

革製品であってもストラップの接続する部分が気に入らない事が多く、尚且つ高価なので尚更買う気にならなかったけど、今回ぶらりと立ち寄ったショップで手頃なケースをみつけた。ショップや制作者の刻印も全く無しのノーブランド品だ。

カードの干渉エラーを防止する優れもの

ポケットが表裏にあるケースは数多いけど、僕の場合は表ポケットにICカードを二枚収納したい。このときカードの干渉エラー防止のシートも無視できない厚さがあり、この三枚のセットが収納出来ることは絶対である。

裏のポケットは別途収納したいカードがあるから片側だけでICカードは完結させたい。ちなみに干渉エラー防止のカードは、組み合わせるICカードの種類によって異なる。僕の場合はこの製品でOKだったけど、ICカードの規格によっては未対応らしいので注意が必要とのことだ。

リアにポケットがあるのでIDカード以外も携帯可能

決め手の一つと言ってもいいシンプルなハトメのストラップホール。ストラップとの接合はロック付きのカラビナ(ナイトアイズ・Sバイナーマイクロロック)というシンプルな組み合わせにした。シンプルであり強度もあるのが自分にとって好ましい。樹脂であっても構わないけど、金属パーツの方が安心感があるのは確か。

これまではプラ製ケースを何個か組み合わせ、バネホックで固定する樹脂バンドでケースを一括で固定していた。でも、このバンド部分の劣化が目立ってきた事と、そもそも論でバネホックはセキュリティ上は好ましくはない。

あと、ある程度の製品になるとストラップも革である事が多いけど、僕は革のストラップは好きではない。これはカメラのストラップにも言えることだけど、柔くしなやかな製品を好む。革だとしたら、細い紐状の物になるけど、そうすると強度が弱いので化繊の一般的なものが一番使いやすい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)