札幌駅のハマナス

札幌駅北口のハマナス

札幌市内にハマナスが植えられている場所は多いが、札幌駅北口の広場には、ピンク色のハマナスが植えられている。雪が解けた4月は、まだトゲのある枝ばかりだと思っていたけど、ここを通り通勤していても、葉が一気に芽生え、今回の開花となったようだ。

バラの原種と言われるハマナスだが、ピンク色のハマナスはあまり見かける事はない。自生しているハマナスの多くは紅色をしているものだが、ハマナスも栽培種として色々な花を咲かせるらしい。バラに詳しい知人の話によれば、白のハマナスは野生種として存在するらしい。

石狩にある「はまなすの丘公園」で白い花を見かけたけど、それが原種なのかは僕には判らない。何れにしても、札幌近郊ではようやく初夏の雰囲気になってきたと言えるだろう。

冷涼な道東では、ハマナスの開花は少し先の筈だ。駐車場脇など日当たりの良い特定場所であれば、開花している株もあるかもしれないけれど、やはりハマナスは6月中旬以降に咲く花だと思っていた方が無難。

今の開花はこんな感じで、まだ疎らだ

蕾の数は多くなってきた

藻岩山の雪も消え、北海道で1番の季節を迎える


2 件のコメント

  • 札幌駅北口のハマナスですか、北口は西側の横断歩道に行ってしまいますので気づきませんでした。
    また、ピンク、白があるのもわかりませんでした、ハマナスは普通は赤いもの。突然変異とかでできたものですかね。
    しかし、良い季節になり、野草も含めいっぺんに開花が始まり、こういう所を歩いていると自然ニコニコ顔になりますね。

    東京出張も終わり、週末1日は休みにしましたので一年ぶりに道南A川に釣行します。この川は何故かイワナがほとんどいません、水温が高いのか、ウグイは沢山います。
    夜は実家に顔を出し、翌日は、やはり日本海に注ぐAs川水系の支流に入り熊石くらいで泊まり、3日目は日本海を北上しながら釣りが可能な川で遊んで帰ります。
    丁度明日は雨模様のようですが、釣行中は概ね天気は良く、気温も良い感じのよう。
    去年は大雨による増水で釣りになりませんでしたので楽しみです。
    そういえば、釣友も、この間釣ったアメマスのエラ蓋に模様があると言ってましたが、系統により模様がある、無い、特徴があるなどの違いがあるのでしたっけ。この件について過去に書かれていましたかね。

    • ZENさん

      北口は土地が余っているせいか、東口から西口にかけて、結構な数の株が植えられています。自然さながらの紅色のハマナスの方が北海道らしくて有り難いのですが、ピンクはあまり見かけないので、これはこれで良いのかなと思ったりもしております。

      いよいよ明日からヤマメ解禁ですね。解禁日に向け南下されるご様子ですが、気温もそれなりに高いので今日の雨は、コンディションとしては宜しいのではないでしょうか。

      こちらもヤマメ解禁と言いたいところですが、明日の晩から道東に向けて走る予定です。先々週に訪れた西別川を予定していますが、そろそろ遡上アメマスも上ってくる頃なのと、少しでも水温が上がれば、禁漁中ですがヤマメも姿をみせてくれるかもしれません。

      アメマスのエラの模様・・・阿寒湖でもそうではない個体もいますので、何とも言えませんが、阿寒湖では模様がハッキリしている個体が多い様に思えます。

      ただ、他の場所でも遡上時期は鱗表面が銀色となりますので、時期的な物もあるのかもしれません。基本的に阿寒湖はランドロックされていますので、夏でも暗い茶色の個体も居るくらいです。